MENU

【浜松市】30代主婦は知っておきたい!乳幼児が交通マナーを学べる相生公園!

今回の記事では、浜松市中区にある、相生公園を紹介します。

相生公園は、交通公園になっていて、乳幼児でも交通ルールを学べますよ。

小学生以下は無料で自転車を借りられるので、とても人気です。30代ママと乳幼児が行くなら平日がおすすめです!

では、早速見ていきましょう!


目次

相生公園の基本情報

住所〒430-0805 浜松市中区相生町320-2
電話番号053-463-1450
浜松I.C.より18分、浜松駅から高架沿いの道を東に進み、突き当たり右折 
バス浜松駅より遠鉄バス8番のりば「掛塚」行、「アクト鶴見」行、「掛塚とつか」行
「東部協働センター」下車(約8分)
駐車場14台
休場日第1・第3・第5金曜日(祝日の場合は開園)、年末・年始(12月29日~1月3日)
業務時間貸出自転車 9:00~12:00、13:00~16:30
少年ソフトボール場 9:00~17:00
屋外プール(夏季のみ)9:30~12:00 13:00~16:00
トイレ和式のみ
※隣接する東部協働センター内の多目的トイレ(オムツ替えシートあり)や授乳室が利用できます。
休憩所ベンチ 16こ、水道1つ、自動販売機あり

自転車を練習する施設なので、安全のために運動靴で行きましょう。

持ち込み自転車の利用はできないのでご注意ください。

平日なら、車がとめられると思いますが、駐車場が14台と少ないので、公共交通機関でいくのがおすすめです。

夏季には小学生以下利用可の児童プールもあります。未就学児要保護者同伴で利用可能です。営業状態は毎年公開されますよ。

相生公園の施設、遊具紹介

相生公園には、少年ソフトボール場、遊具広場、児童プール、管理棟があります。

こちらでは、乳幼児におすすめの施設を紹介していきますね。

遊具広場

相生公園すべり台

公園の真ん中に、橋ががあり、橋をはさんで2ヶ所に遊具があります。

入り口側には、ロケットの形をした滑り台とフリースペース、東屋があります。

こちらの滑り台は高さがあり、はしご状の階段は隙間が多く見ているママは心配ですが、幅が狭く、乳幼児でも手すりが持ちやすいため、子どもはするすると登れますよ。

階段だけでなく、滑り台の幅も狭く、乳幼児には遊びやすくなっています。

そのためママが子どもと一緒にすべる時、少し大変ですが、大人も滑れますよ。

滑り台の幅が狭く、緩やかで、素材も良いので、ハイハイの子も下から上の方まで登れてしまいます。

高さがあるのでサイドから落ちないように気をつけましょう。

すべり台は、石のような見た目の素材でできていて、あまり熱くならないのがいいですね。

橋の下を抜けた公園奥には、滑り台・トンネル・ブランコ・砂場などの遊具があります。

相生公園奥の遊具

トンネルは、はしごで上に出られるようになっています。

相生公園トンネル

上から見ると、結構大きな穴になっているので、小さな子は落ちないように気をつけてください!

相生公園砂場セット

砂場セットは、管理棟で無料で借りられますよ。

30代ママは手ぶらでいけるのが嬉しいですね!

少年ソフトボール場

ジャングルジム

少年ソフトボール場のほうには大きい子向けジャングルジムがあります。

ソフトボール場は小学生以下なら無料で貸りられます。

貸出がないときは自由広場として利用できますよ。

自転車の貸し出し

自分の自転車は持ち込み禁止ですが、公園の自転車を30分無料で貸してくれます。

こちらは、小学生以下の貸し出しで、乳幼児でも借りることができます。

平日の昼間ならスピードを出す大きな子がいないので安心ですね。

補助輪つき自転車、ペダルなし自転車、手押しつき自転車、普通の自転車があります。

貸し自転車

ペダルのない自転車はストライダーのような感覚でのれるので、乳幼児におすすめです。

ペダルなし自転車→補助輪つき自転車と、ステップをふんだ練習ができるのがいいですね!

手押し付自転車

手押しつき自転車なら、1歳過ぎの乳幼児でも乗ることができますよ。

三輪車より大きく、ベルトがないので、お子さんの身長や興味に合わせて、安全に座れるようになってから使用しましょう。

本物そっくりの道路、交通設備

相生公園内道路

相生公園には、本物みたいな道路や、子ども目線の標識、信号機があります。

子どもが見やすい高さに設置されているのが、相生公園の魅力です!

止まれ、踏切、一方通行、など、交通ルールを学べる設備がそろっていますよ。

30代ママは、小さいうちから交通ルールを教えたいので、交通公園は嬉しいですね。

相生公園内【止まれ】の標識

「止まれ」の標識は、事故が多い場所でもあるので、特にしっかり教えたいですよね。

子どもの目に留まりやすい位置にあるので、指差しして確認でき、とても教えやすいです。

相生公園なら、乳幼児でも自転車に乗る練習をしながら、交通ルールが学べますよ!

相生公園中央の端

中央に橋があり、公園全体が見渡せないのですが、交通公園なので、車や歩行者の心配をすることなく、自由に遊ばせることができますね。

芝生のフリースペース

芝生広場

入り口の遊具側に、芝生のスペースが少しあります。

30代ママは、自転車で遊ばせている間、ここにあるベンチで待つのがおすすめですよ。

相生公園の花

春は、あずまやの藤の花がきれいです。他にも、管理されたプランターがあり、お花を見ながら子どもを見守れますよ。

兄弟がいる場合、上の子が自転車で遊ぶのを待っている間、下の子のすごし方に困りますよね。

ここなら土と芝生スペースがあり、ハイハイしやすいです。石や葉で自由に遊びながら、ママとのんびり過ごすことができますよ。

フェンスもあるので、自転車のくる道路に出でしまう心配もありません。

いつも上の子中心に外遊びをしているママも、ここに来れば下の子と一緒に思い切り遊ぶことができますよ。

他にも夏季限定の児童プールがあります。

30代ママと乳幼児におすすめのポイント

新幹線が間近でみられる!

相生公園から見える新幹線

東海道新幹線の線路沿いにあるので、新幹線を見ることができます。

公園内では上部しか見えませんが、駐車場のほうからは、新幹線の全体が見えますよ。

新幹線好きの乳幼児にぴったりですね!

自転車練習をしながら交通ルールも学べる!

公園で自転車練習をすることはできますが、交通ルールを学ぶには実際の道路に出ないといけません。

相生公園なら、本物そっくりの道路設備を利用して、安全に交通ルールを学びながら自転車練習ができますね。

管理人さんが親切

相生公園には、貸し出し業務だけでなく、交通指導をしてくれる管理人さんがいます。

「ストップー、逆走してるよー」

「お姉ちゃん、とまってねー、あぶないよー」

「ボクー、反対だよー、そのまま走ってると前からきた自転車にぶつかっちゃうからねー」

「片付け中は歩いてね」

など、大きな声で優しく熱心にルールを教えてくれますよ。

離れていても、ぴっぴっと笛ふいて乳幼児の注意を引いてくれます。

親以外の大人がルールを教えてくれる機会は貴重ですよね。

乳幼児にとってもママから注意されるより、注意が聞きやすいです。

30代ママにとっても、自転車練習中は追いかけるのが難しいので、管理人さんの指導は嬉しいですね。

今回の記事では、30代ママと乳幼児におすすめの、相生公園を紹介しました。

ぜひ、行ってみてください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる